FC2ブログ
ギター教室「フレヴォ・リベルテ福岡」 ギター講師の日記           frevo-music life
天神近くのギター教室「フレヴォ・リベルテ福岡」のお気楽音楽日記。
ポスト パコ・デ・ルシアの筆頭 トマティート
ブログの更新ご無沙汰なのは、ひたすらレッスンギターのトレーニング自宅警備にはげんでいたために


書くことなんもなかった


からです・・・。

しかしさすがに更新サボりすぎなので、永らく温めていた隠し玉をご紹介。

現代フラメンコの筆頭ギタリスト、トマティートです。

前にご紹介したビセンテ・アミーゴと並び、フラメンコ界の二大看板と言ってもいいでしょう。

ビセンテがどちらかというと流麗で美しいソロギターなのに対し、トマティートはモダンな中にもフラメンコ独特の重さやノリを強く感じさせるギタリストです。パコやビセンテはフラメンコではないという頑固なフラメンコマニアの方でも、トマティートはいい、という方は多いですね。ですが、ジャズギタリストのジョージ・ベンソンとの共演や、ピアニストのミッシェル・カミロとのユニット活動など、尖鋭的なフラメンコの開拓者でもあります。



もう一曲



スポンサーサイト
9/16日に携帯へメール送られた方へ
昨日の夜に携帯が壊れ、画面が一切映らなくなりました。

今朝慌てて携帯を購入し、前のメールデータを移したのですが

どうやら携帯購入時にお店が行った設定が間違っていたらしく

それに気づく20:00くらいまでに携帯の方に送っていただいたメール


こちらに届いていません


お手数ですが、心当たりのある方は再度メール送信お願いします

現在は届くようになっております。


あ、それから

エクスペリアでメール打つ時


「ー」


どうやって打つのかご存知の方いませんか?


情報求ム!
twitter始めたなう。
立派な社会人として、やはりやらねばなりますまい。

twitter

さあ、時代に乗り遅れるな!(すでに遅れているという話はナシだ!)

このブログの右に表示されるので、チェックしてみて下さい。

フォロー歓迎ですよ。

ギター音楽教室の事など、簡単な質問ならばお答えいたします。

ただし、私がまだ扱いをよくわかっていないので、返事が遅れる等の失礼があったらご勘弁下さい。

ちなみに私が最初にフォローしたのは

稲川淳二さん

友達いないんでねっ!
ダイアトニックコード理論3
前回導き出されたCメジャースケール上の七つの和音を、それぞれコードネームで見てみましょう。


ド ミ ソ シ ・・・C△7

レ ファ ラ ド・・・Dm7

ミ ソ シ レ ・・・Em7

ファ ラ ド ミ・・・F△7

ソ シ レ ファ・・・G7

ラ ド ミ ソ ・・・Am7

シ レ ファ ラ・・・Bm7(♭5)



この7つのコードがCメジャースケール上のダイアトニックコードという事になります。


これが例えばキーをGメジャーにした場合、

1  2  3  4  5  6  7
ソ  ラ  シ  ド  レ  ミ  ♯ファ
  

ですから、Gメジャースケール上に構成されるダイアトニックコードは


ソ シ レ ♯ファ・・・G△7

ラ ド ミ ソ  ・・・Am7

シ レ ♯ファ ラ・・・Bm7

ド ミ ソ シ  ・・・C△7

レ ♯ファ ラ ド・・・D7

ミ ソ シ レ  ・・・Em7

♯ファ ラ ド ミ・・・♯Fm7(♭5)



となります。

各コードの根音(ルート)は違っても


1度上のコード・・・△7

2度上のコード・・・m7

3度上のコード・・・m7

4度上のコード・・・△7

5度上のコード・・・7

6度上のコード・・・m7

7度上のコード・・・m7(♭5)



となる事を、しっかり確認しておいて下さい。